債務整理・借金相談ガイド

債務整理・借金相談と言っても方法は様々。任意整理、特定調整、個人再生、自己破産とあなたの属性によって最良と言える手続き方法に違いがあります。匿名で無料相談できるので悩まず弁護士に相談すれば解決の道が開けること間違いありません。

債務整理

債務整理で登録された信用情報(ブラックリスト)の調べ方

「ブラックリストに載る」という言葉を聞いたことがあるでしょう。
こうなってしまうと、個人を信用しての経済的な取引が、難しくなることがあります。

このブラックリストに載る情報は、「信用情報」を指しています。
信用情報とは、借り入れの際の債務の額や一定の額を返済する期間などの事実の集まりです。
詳しい情報は、「指定信用情報機関」に登録されて管理されています。

誰もができることなら、信用情報が登録されるのは避けたいでしょう。
しかし、生活が苦しくなり、やむを得ずに借金してしまうこともあります。
気がつくと、利息も含めて大変な金額に、債務が膨れあがることもあるのです。

そのような時には、法律の専門家にお願いして、債務整理を行なう人がいます。
この債務整理についての情報も、返済先を一本化したり、減額すると記録が残るのです。

場合によっては、自分の信用情報の状態を詳細に知りたいことがあるでしょう。
しかし、信用情報はどのようにしたら調べられるのでしょうか?
信用情報の調べ方について、簡単に説明します。

信用情報開示方法

本人が詳しい信用情報を把握しようと、開示してもらうのは意外と簡単です。
信用情報の「開示請求」の手続きを取れば良いのです。

大切なのは、開示請求を行なっている人と、照会の手続きを踏んでいるのが同一人物であることです。
いわゆる「本人」ということです。

自分の信用情報を照会していることを証明することが欠かせません。

check信用情報の取り寄せには身元を証明するために書類が必要

信用情報機関となるCICまたはJICCで個人信用情報の開示を求めることができます。

インターネット(PC・スマホ)を使っての請求もできますが、手数料の支払いをするためにクレジットカードの決済となるため債務整理後の場合ですと厳しいかもしれません。

そのような場合は、郵送による開示請求ができますのでご安心ください。

手数料は、インターネットでの情報開示も郵送による手続きも1,000円~1,600円ほどです。
ゆうちょ銀行で手数料を支払い「定額小為替証書」を取得し手続きを進めます。

その他「本人確認」ができる書類が2点ほど必要となります。

運転免許証のコピー
運転経歴証明書のコピー
パスポートのコピー
各種障がい者手帳のコピー
在留カードのコピー
特別永住者証明書のコピー
住民基本台帳カード(写真付)のコピー
各種健康保険証のコピー
各種年金手帳のコピー
戸籍謄本または戸籍抄本 (作成日より3ヶ月以内の原本
住民票(本籍の記載がないもの)
印鑑登録証明書

※住民票や印鑑証明については、作成日より3ヶ月以内の原本を添付してください。

point8_9照会の手続きをする機関に問い合わせて、必要な書類を用意しておきましょう。

このように、本人であれば信用情報の調べ方の手順を踏めば簡単に情報開示して貰えます。

あなたの信用情報が気になるようでしたら信用情報機関に、問い合わせて手続きを行ってみるのも良いかと思われます。

◆借金相談ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

-債務整理
-, , , ,