債務整理・借金相談ガイド

債務整理・借金相談と言っても方法は様々。任意整理、特定調整、個人再生、自己破産とあなたの属性によって最良と言える手続き方法に違いがあります。匿名で無料相談できるので悩まず弁護士に相談すれば解決の道が開けること間違いありません。

任意整理

一部だけ債務整理を行なうために知っておきたいポイント

check【一部だけ債務整理できるのか】

貸金業者からの借入の他に、個人的な借入がある場合もあるでしょう。
法律としては、貸金業者でも個人的な関係でも、債権者として扱われます。

この債権者には、返済を続けて、他の債権者には債務整理を行ないたい。
実際に、このようなことは、可能なのでしょうか。

今回は、一部だけ債務整理をすることができるのか、調べてみました。

pickup【債務整理の原則】

原則としては、債務整理を一部の債権者だけに対して行なうことはできません。
裁判所を通した手続きによる、自己破産や個人再生では、一部の債権者を隠すことが禁止されています。

「債権者平等の原則」というのがあるからです。
複数の債権者が存在する場合、債権発生の事情や時期に関係なく取り扱われます。
すべての債権者は、平等に返済されなければなりません。

この原則に従って、自己破産では、一部への偏った返済行為を禁止しています。
個人再生の場合でも、すべての債権者を再生計画に参加させる必要があるのです。

pickup【任意整理は一部に対して債務整理可能】

しかし、任意整理の場合は例外にあたる場合があります。
債務整理の中でも、法的な手続きには該当しないからです。

あくまで、債権者と任意交渉の中で解決を図る手続きになります。
そのため、一部の債権者のみを任意交渉の対象とすることが可能です。

やむをえず、一部だけ債務整理をしたいのであれば、任意整理を行なうしかほかにほうほうありません。

pickup【任意整理の注意点】

任意整理について専門家に相談する際には、最初に必ず、すべての債権者を隠さずに伝えましょう。
そのうえで、この債権者にだけは債務整理の事実を知られたくないという事情を理解してもらいます。

基本的な債務整理の処理方針は、弁護士であれば弁護士会による処理規則に従います。
その場合、任意整理でも一部の債権者だけを受任してもらうことは難しいでしょう。
何らかの、トラブルの原因となる危険性が否定できません。

ですが、専門家の中には、債務者の事情を察して協力してくれる方もいるのです。

一部だけ債務整理を行ないたいのであれば、隠し事はやめましょう。
事情をしっかり相談することで、理解を求めるのが先決です。

◆借金相談ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

-任意整理
-, , , ,