債務整理・借金相談ガイド

債務整理・借金相談と言っても方法は様々。任意整理、特定調整、個人再生、自己破産とあなたの属性によって最良と言える手続き方法に違いがあります。匿名で無料相談できるので悩まず弁護士に相談すれば解決の道が開けること間違いありません。

債務整理

債務整理で一括返済や繰り上げ返済を行なうときの注意点

2016/04/21

point8_3可能ならば一括返済しよう

債務整理は、計画的な返済プランで借金を返済していきます。
まとまった金額で、返済できるのであれば、一括返済や繰り上げ返済が、おすすめです。
一括払いには、大きなメリットがあります。

利息制限法で、計算しなおした金額よりも少ない額で返済できるところにあります。
再計算した後の、元金の7割から9割の一括返済金で完済可能です。

一括返済や、繰り上げ返済による債務者の恩恵は、決して小さくありません。
ですから、まとまった資金調達が望める場合には、一括返済を選択するのが有利です。

一括返済を行う場合、債権者によって扱いの差があってはいけません。
平等に、取り扱うことが求められます。
そのため、各業者に対して支払う割合は統一しておく必要があるのです。

pickup一括返済の注意点

弁護士や司法書士などの、専門家に相談しない方もいます。
単独で業者と交渉を行い、一括返済を行う場合にも注意が必要になるのです。

減額という甘い言葉に釣られると、痛い目を見るかもしれません。
業者の勧める減額案が、実際の利息制限法の利息より、高額である場合もあるからです。

そのあたり、素人の知識内であれこれやってしまうと危険が付きまとうのでおすすめできません。

pickup法律の専門家に相談しよう

一括返済や繰り上げ返済を行う場合は、法律の専門家の協力を得ることが一番でしょう。

例え、家族などの協力だけで完済したものの、根本的な金銭感覚が改善したわけではありませんので、新たに借金を抱えてしまう場合も珍しくありません。
残念ながら、このような方は、業者にとって優良客となってしまいます。

当然、返済実績ができたので業者は何度でもお金を貸し付けてくるでしょう。
誘惑に負けて再び借金をしてしまうと、折角の完済も振り出しに戻ってしまいます。

確かに、弁護士などの専門家に相談すれば、それなりの費用はかかってしまうでしょう。
しかし、弁護士などに相談して完済した場合には、次の融資を依頼しても敬遠される環境になるため、再び借金に浸けになるリスクが格段と減ります。


list一括返済と繰り上げ返済のまとめ

もちろん、一括返済には、まとまった資金が必要です。
債務整理中は、ギリギリの生活を強いられてしまいます。
無理して一括返済や、繰上げ返済をするのは大変であることも覚えておきましょう。
先のことも考え、債務整理の専門家と今後の計画的な返済プランを作り、しっかり返済していくことが大事です。

◆借金相談ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

-債務整理
-, , ,