債務整理・借金相談ガイド

債務整理・借金相談と言っても方法は様々。任意整理、特定調整、個人再生、自己破産とあなたの属性によって最良と言える手続き方法に違いがあります。匿名で無料相談できるので悩まず弁護士に相談すれば解決の道が開けること間違いありません。

債務整理をする前にするべきこと

“債務整理をする前にするべきこと”
それは、債務整理について良く知っておくことです。
この記事を見ておられるということは、借金の返済に悩みを持っておられる事ゆえだと思われます。
借金整理の相談を法律事務所にするにも最低限の予備知識がなければどのような事をされるのか不安に駆られるものです。
ここでは、債務整理の方法を紹介してそのメリットとデメリットを理解して言ってください。

債務整理には4つの種類があります。

① 任意整理

任意整理の概要
弁護士や司法書士が債権者と直接交渉をします。
裁判所は関わりません。
[メリット]
・他の債務整理に比べると手続きが簡単です。
・借金を分割で支払っていけるように利息制限法をいう法則で引き直し計算を施します。
・借金を減額する可能性を探ります。
[デメリット]
・3~5年程度で分割する必要があります。
・ブラックリストに載るので借金が5年間出来ません。
・自己破産、個人再生よりは債務を減額する効果は低いです。

② 特定調停

特定調停の概要
簡易裁判所が仲裁に関わります。
[メリット]
・借金の総額が、少なくなる可能性があります。
・調停委員が、返済額や利息の交渉をしてくれます。
[デメリット]
・借金がなくなるわけではありません。
・支払い可能になるよう整理するだけなので、一定の支払い能力がなければ特定調停は出来ません。
・ブラックリストに載るので、借金が5年~7年出来ません。

③ 個人再生

個人再生の概要
地方裁判所が関わります。
[メリット]
・債務が1/5に減額されます。
・一定の条件がクリアできると、住宅を手放さずに手続きが出来ます。
[デメリット]
・ブラックリストに載るので借金が5年~10年出来ません。
・減額された債務を3年~5年で支払う能力がないと個人再生は出来ません。

④ 自己破産

自己破産の概要
地方裁判所が関わります。
[メリット]
・債務が全てなくなります
[デメリット]
・債務がゼロになりますが、財産も失います。
・ブラックリストに載るので、借金は5年~10年出来ません。

① ~④の順番で、借金返済が不可能な状況が重いといえます。
個人によって、状況は違います。
これらを参考に最低限、債務整理に関する種類などの知識をもった上で、専門家に相談してみることが大切です。

簡単な5つの質問に回答入力するだけで「無料借金診断シミュレーター」から、あなたの属性に合った債務整理に強い法律事務所を見つけるすることができます。


街角相談所-法律-無料シュミレーター

2017/08/10